ご契約までの流れ

物件を売買する場合、賃貸する場合には、
それぞれ契約までの流れがあります。
ここでは大まかな流れをご紹介いたします。

なお、こちらの流れは一例となっておりますので、
ご不明な点はお気軽にご連絡ください。
親身になってご相談をお受けいたします。

 

1.媒介業者に対し、広告物件の問合せや物件紹介の依頼

2.物件の見学 (案内)

お客様が本当に満足できる、お気に入りの物件をお探しいたします。

3.買付証明書の提出

購入希望の物件が見付かったら、買付証明書に記入します。
特に法的な拘束力があるわけではありませんが、買主の購入意思を売主に明確に示すために記入します。
また特約条件等の希望事項があればこの書面に明記します。
この書類をもとに売主 (または売主側の媒介業者) との価格交渉や契約の段取りなどを行ないます。

4.住宅ローン事前審査

購入の際、住宅ローンを活用する場合は契約の前に住宅ローンの事前審査を行います。
事前審査書類の記入には免許証・保険証・源泉徴収票の3点が必要となります。

5.重要事項説明

購入物件について宅地建物取引主任者より重要事項の説明を受けます。

6.売買契約の締結

ご契約内容を十分にご理解の上、売買契約書に署名捺印し、手付金を支払います。この時点で売買契約成立です。

7.住宅ローンの申込み

売買契約後の住宅ローン申込みで正式に金融機関による審査が始まります。
住宅ローンが指定期日までに承認されなかった場合には、売買契約を解除することができます。

8.中間金の支払い

9.住宅ローン契約の締結 (金銭消費貸借契約)

10.残金決済および各種申請

所有権移転登記申請や、残金決済および諸費用 (固定資産税・都市計画税・管理費・修繕積立金・火災保険など)、
手数料 (媒介業者・司法書士など) の支払いなどを行ない、これで一連の取引が完了です。

※4.および7.~10.はローンか現金かによっても変わります。

物件を賃貸する場合

1.媒介業者に対し、広告物件の問合せや物件紹介の依頼

2.物件の見学 (案内)

お客様が本当に満足できる、お気に入りの物件をお探しいたします。

3.入居申込書の提出

入居申込書に入居審査の必要事項を記入して、入居を申し込みます。
保証人もしくは保証会社による保証が必要となります。
また、物件によっては申込金(預り金)が必要となる場合があります。
入居審査には免許証などの本人確認書類が必要となります。

4.入居審査

入居申込書の内容から、入居の条件に適切かの審査をします。
審査にかかるスケジュールと、その間に準備すべきものを確認しておいて下さい。
確認するのは入居費用(前家賃・敷金・礼金・仲介手数料・総合保険料など)と
必要書類(住民票)です。

5.重要事項説明

購入物件について宅地建物取引主任者より重要事項の説明を受けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Just another WordPress site